お知らせ

サイトリニューアル中です。
 

オンライン状況

オンラインユーザー5人
ログインユーザー0人

カウンタ

270194
since 2012.11.1

軽井沢町

平成25年度から岩手県大槌町を積極的に支援。平成26年1月の広報「かるいざわ」は、大槌町の支援を年頭の挨拶に掲載し、平成26年4月から職員2名を大槌町に派遣している。軽井沢町内の3小学校と中学校は、大槌町の支援に取り組みながら大槌町を訪問し、防災教育にも力を入れている。平成26年9月には、大槌中学校の生徒が軽井沢中学校を訪問し、語り部を行っている。広報「かるいざわ」の直接リンクはこちらから
 

鮭Tプロジェクト

岩手県の県魚である鮭と、作家宮沢賢治の「雨ニモ負ケズ」のイラストが入ったTシャツ(通称:鮭T)を販売し、 岩手県大槌町の中学生の部活動費を支援しています。これまでに7000枚以上のTシャツ等を販売し350万円を超える義援金を大槌中学校と吉里吉里中学校に寄付しています。直接リンクはこちらから
 

軽井沢つむぎ隊

長野県軽井沢町の有志によるボランティア団体、大槌町支援を中心に震災当初から様々な活動を行ってきている。平成25年2月に、軽井沢町で、被災地を様子を知るための講演会を企画。軽井沢町が大槌町を支援する牽引役となった。「亀T」による募金活動も実施中です。。直接リンクはこちらから
 

いまいる。プロジェクト

津波で大きな被害を受けた、岩手県大槌町の復興に寄り添い応援する北海道音更町の民間の団体です。平成25年度には、大槌中学校の野球部を音更町に招待。平成26年度は、大槌中学校生徒会による語り部プロジェクトを音更町で開催しています。直接リンクはこちらから
 

RKH Forever 

平成26年4月までリメンバー神戸アンド東日本(RKH)として活動、同年5月より「RKH Forever」と名称を変更。宮城県山元町や大槌町の医療機関の支援を中心に行いながら、被災した小中学校の支援に尽力しています。直接リンクはこちらから